形成的評価

専攻医の成長を促すために、定期的な評価とフィードバックが行われます。

専門研修期間中は、月1回以上の研修手帳の確認、年2回以上のビデオレビューおよび Mini-CEX を用いた診療現場における評価(Workplace-based assessment)など、専攻医の成長を促すための評価とフィードバックが定期的に実施されます。同様の評価は、総合診療専門研修でも定められていますが、実施時期や頻度がきちんと定められているため、効果的なフィードバックを定期的に受けて、確実に成長していくことができます。


また、研修期間中に経験すべき症候・病態・疾患・手技などについては、研修手帳と年次報告で進捗状況を確認します。


このような評価体制を通して、単に症例を経験するだけではなく、振り返りによってさらに学びを深め、専門医としての能力を確実に高めていけるように配慮されています。

一般社団法人日本プライマリ・ケア連合学会​​ 新・家庭医療専門医制度

© 2019 by Japan Primary Care Association